Emotional Training エモーショナル・トレーニング

LessonVoiceProfileContact

「天性の才能」と言われる「表現力」は
本当に「天性」という特別な人だけが与えられた才能なのでしょうか?
いいえ違います
すべての人が生まれ持った「潜在能力」に気づいていないだけなのです

表現力はトレーニングによって成長させることが出来ます

相手に気持ちを伝えるのが苦手
人の前に出ると緊張して声を上手く出せない
相手に自分の想いを上手く伝えることが出来ない
今の自分を少し変えてみたいけど何をどうすればよいか分からない
これぞという時に自分の良さを最大限にパフォーマンスしたい
そんな方たちに向けて・・・

自分の感情(喜怒哀楽)をトレーニングし、自らが持っている本来の潜在能力を引き出し、表現をコントロール出来るようにする
ひとりひとりが芸術作品のように、個性的に輝くための心の表現の練習方法がここにあります
それが水井博子が提供する「EMOTIONAL TRAINING」なのです

最新情報

Lesson

受講者ターゲット

バレリーナ、ダンサー、芸術系スポーツ選手、又はその指導者 一般の方(大人から子供まで)

レッスンによる効果

得手不得手な表現がわかる
自分が持つ表現の幅を認識できる
使える表現がわかり、実際に使えるようになる
説得力のある個性的な表現になる
表現を計画的に組み立てられるようになる

あわせて得られる効果

ストレスが解消される
緊張が緩和される
パフォーマンス力がアップする(自己表現・プレゼン力など)
コミュニケーション能力が向上する
自己啓発の力が増す
集中力が増す

感情・表現のコントロール対象者別の具体例

子供から大人まで、伝え方や人の心を動かす表現、伝える力がアップする
バレリーナ・ダンサーの表現力がアップする
芸術系スポーツ選手の表現力がアップする
ダンサー、芸術系スポーツ選手指導者の指導力がアップする
相手を感動させるプレゼン力(自己表現力)がアップする

レッスン風景

Emotional Training レッスン風景1 Emotional Training レッスン風景2 Emotional Training レッスン風景4 Emotional Training レッスン風景6 Emotional Training レッスン風景7
  • Emotional Training レッスン風景1
  • Emotional Training レッスン風景2
  • Emotional Training レッスン風景4
  • Emotional Training レッスン風景6
  • Emotional Training レッスン風景7
(サムネイルをクリックしてご覧下さい)

レッスン内容

ダンサー・芸術系スポーツ選手等、言葉を用いない表現者の場合

  1. 「表現のしくみ」を理論で理解する
  2. 呼吸と感情を連動させるトレーニング
  3. 自分の体験、経験に基づいた感情を表に出すトレーニング
  4. 感情を大きくする為のトレーニング
  5. 感情をコントロールするトレーニング
  6. 実際に振り付けと組み合わせたコントロールレッスン

小学校ミュージカル・プレゼン力アップレッスンの場合

  1. 姿勢改善ストレッチ・呼吸法
  2. 発声練習
  3. 上記1から5のレッスン
  4. 実際に言葉と組み合わせたコントロールレッスン

一般の方の場合

  1. お受けになる方に合わせたメニューを作成
* 定員は1クラス20名まで
* およそ2時間半のレッスンとなります

Voice

サポーターからの声

株式会社コアサポート北海道最高技術責任者 健康運動指導士/JCCAマスタートレーナー 森脇 俊文
株式会社コアサポート北海道最高技術責任者
健康運動指導士/JCCAマスタートレーナー
森脇 俊文
日頃から表現力をトレーニングで鍛えられるものであれば、サポートしてあげたいのにと考えていました。そこに水井さんの「エモーショナルトレーニング」と出会いました。
続きを読む
名古屋葵接骨院院長 藤田 のぞみ
名古屋葵接骨院院長
藤田 のぞみ
私の院ではフィギュアスケート選手が抱える悩みを解決するために毎年セミナーを開催しています。選手の悩みで毎年あがるテーマが「表現力」。これを解決するためにたどり着いたのが水井さんの「エモーショナルトレーニング」でした。
続きを読む
Miracle Body 代表 福山 弘
Miracle Body 代表
福山 弘
今回、劇団四季時代の先輩にあたる水井さんが表現力をトレーニングする体系化されたメソッド「エモーショナルトレーニング」を指導しているという話を聞き、大阪でも是非開催していただくようお声掛けしました。
続きを読む
阪南大学 経営情報学部 教授
水野 学
最近の大学生は大変です。学問はもちろんのこと、企業からは「即戦力」としてのいろいろな能力のアップが求められています。阪南大学でも実学教育の名の下、企業とのコラボレーションやビジネスコンテストへの挑戦など、より実践的な教育プログラムを提供しています。
続きを読む

受講者の声

名古屋・札幌・東京・大阪セミナーより
<受講者>バレリーナ・ダンサー・フィギュアスケーター・又はその指導者からの声

Q. レッスンで最も変わったこと、気づいたことは何でしたか?

*恥ずかしさが無くなり自分に自信を持ててすごく楽しかった
*自分を出せるようになった
*雑念が取れ、心の迷いがなくなった
*とてもわかりやすかったのでいつの間にか喜怒哀楽が上手に出せるようになっていた
*自分を知りたい、もっと知ろうと思った
*日常で表現に対してスルーしていることが多いことに気づいた
*自分を(センスが無い、才能がないと)否定していた
*どう見えるのか結果ばかり気にしていた
*他人の目を気にしない自分と出会い自身が持てた
*得意なことばかりやっていた
*気持ちや身体が楽になってスッキリした
*エネルギーを使うことを避けて通っていた
*今までやっていた表現は偽もの(作り笑い)だったことに気づいた
*身体が緩む感じがしてここまで心を開放することがなかった
*自分の感情を意図的に動かせると思わなかったので自分でも驚いた
*新しい発見があり日々心のトレーニングをしていこうと思った
*心のなかで処理してしまうことが多いので外に出さないと伝わらないことがわかった
レッスン風景

阪南大学でのプレゼンUPセミナー

阪南大学ホームページ記事

阪南大学経営情報学部 水野ゼミが挑戦する
「スチューデント・イノベーション・カレッジ」通称「Sカレ」

(Sカレとは・・・ 未来のマーケッターの育成を目的としマーケティングを学ぶ大学3回生が、商品企画をプレゼンし競い合うイベント。 2013年は全国28大学32ゼミから130チーム約430人が参加)

2012年より「プレゼン力」を高めるための基礎となる「姿勢・開口・発声・立ち居振る舞い・表現」のレッスンを行い 2013年はテーマ別優勝・総合準優勝を果たす。

Profile

水井博子 Mizui Hiroko

水井博子からのメッセージ

子供の頃からバレエしかやったことのなかった私がミュージカルの舞台では長年様々な役柄を「演じる」という経験をしました。 ある時は華やかなショウガール、子供、花屋、サーカスピエロ、動物などなど

とにかくどうやったらそう見えるのかを研究しました。 そして気づいたのは自分の中にあった多くの「感情の引き出し」であり、 それは大きくしたり増やすことが可能だということでした。

舞台では言葉、動作、歌、ダンスなどの「手段」を使って「表現」をしますが、 そのすべてのもとになっているのは自分自身の深く感じる心と集中力なのです。 「Emotional Training」は自分の心と向かい合い、それを動かして表に出すためのトレーニングです。

自分の中に眠っている能力をまだまだ「成長できるもの」として捉え、 そしてその成長過程に意味を見出すことが人としての成長にもつながると考えています。

きっと体の中が広がったようなそんな感覚が得られると思います。

自分の心の動きが相手の心を動かします。貴方自身が持つ潜在能力と新しい可能性を一緒に引き出しましょう。

プロフィール

富山県出身。
小林紀子バレエ・シアターにてロイヤルアカデミーオブダンシングのメソッドを学び、インターミディエイトを取得。 その後劇団四季に11年間在籍。 劇団では役者としてだけでなくダンスキャプテンやバレエ講師を務める。出演作多数。
退団後「からだメンテナンス」クラスを主宰。
大手企業、大手百貨店等でのセミナーやイベントレッスン講師、 女性のための運動プログラム開発、兼インストラクター、都内各所でバレエ講師を務める。
また独自のメソッド「表現」のレッスン講師として大学での発声・表現セミナー、小学校ミュージカル指導、ダンサーや芸術系スポーツ選手対象のワークショップ他、自身のLIVE出演など、幅広い分野で活動中。
プライベートは写真家の夫と小学生の娘を持つ母。

Links

「Mizui Hiroko CLASS」
からだメンテナンスクラス・バレエワークショップ・ジュニアクラス・LIVE出演・
小学校ミュージカル指導・プレゼン指導
http://blog.livedoor.jp/hirokomizui/

目白椿の坂スタジオ「椿メソッド」「バレエ入門」
http://www.tsubakistudio.com

M&Sカンパニー 「テーマパークミュージカルコース」
http://www.msc-dance.com

Contact

レッスンに関するご質問・お問い合わせはこちらから。

(必須)
(必須)
(必須)
 
Copyright © Hiroko Mizui All Rights Reserved.
PAGE TOP